コラム/読み物

記者クラブ配信代行サービス

記者クラブ対応が難しいと感じる企業/個人事業主のみなさま

記者クラブへの対応は、記者クラブごとにローカルルールがあり、慣習・ルールを重視して進める必要があります。特にマスメディアの記者とのコミュニケーションは、慣れている担当者ならば当たり前のことでも、記者とコミュニケーションをとったことがない企業は、記者クラブの慣習・ローカルルールなどを気づかずに無視してしまって、トラブルになる場合があります。

  • マスメディアに慣れていないので、記者クラブのルールを守れるか不安。
  • 記者クラブ対応に費やす時間が社内リソースでは取れない。
  • そもそも記者クラブに発表する内容が適切かどうかわからない。

記者クラブ対応を支援します。

目先のコストを考えれば、自社リソースで記者クラブ対応を行ったほうが効率的です。しかし、慣れない対応で生じる機会損失まで考えると、トータルコストではお安く済むこともありえます。記者クラブは数も多く、それぞれの個性があること、さらに各メディアの性質にも違いがあり、より受け入れやすいプレスリリースを配信するには、プロのサポートが必要であるケースが想定されます。

弊社の記者クラブ配信代行サービス

弊社のみでなく、協力会社のサポートも借りて、面倒な記者クラブへの投函をサポートいたします。もちろん、どのような目標や目的をそのプレスリリースに含ませるのかなど、御社の目的に合わせた企画立案からサポートさせていただきますので、記者クラブ対応に慣れていないと感じている企業/個人事業主の方にも気軽にご利用いただけるサービスです。

新たなプレスリリースのアプローチもご提案いたします

記者クラブへのプレスリリースがマンネリ化することなく、継続的かつ新鮮なインパクトを与えるための資料を作成することで、これまでの販路とは違った新たなアプローチを目指す企業/個人事業主のニーズにお応えします。また、近年のメディア媒体の進歩により変動するユーザーのニーズも念頭に置いたプレスリリースを行うことで、記者クラブのみでなく、直接メディアやエンドユーザーへ伝える新たなプレスリリーススタイルについても、御社のニーズにあわせてご提案させていただいております。