企業などがプレスリリースを出すケースがあり、それを基にWEBメディアが記事にし、多くの人がそれに目を通すことがあります。プレスリリースは無料で出すことができ、メディアに掲載されることになればそれだけでかなりのアクセス数を獲得することが可能です。また、広告や宣伝では読まないような人も、新聞などの記事となれば読んでくれるということも多々あります。そうしたことからも、プレスリリースはメリットが多いのが実情です。もちろん、確実に掲載されるわけではないため、徒労に終わってしまうことや意図しない部分を掲載されることも十分にあります。

一方、このプレスリリースがSEO効果を引き出すと言われています。その理由として、メディアの強力さがあります。メディアは強力な被リンクであり、それにより、プレスリリースを出した企業のホームページが自然に上位表示されることもあります。メディアサイトのSEOは強力であるため、検索結果で他社を圧倒できるかもしれないため、多くの企業はプレスリリースを出そうとします。他の狙いとしては、記事にしてもらうことで信頼を得やすくなるというのがあります。あの新聞で記事になっていた商品、サービスだと分かれば、消費者に親しみを持ちやすくなるためです。

企業にとって多くの人にアクセスしてもらうこと、知ってもらうことというのが大事であり、その前段階としてプレスリリースが存在します。その際、どのようにして取り上げてもらうのかということも考えなければなりません。WEBメディアの中にも得意ジャンルというものが存在し、一見するとバカバカしく感じる商品などを積極的に取り上げてくれるところも存在します。たくさんの媒体に一斉に送るというのも1つですが、ある程度プレスリリースを出していく中で、どの媒体が取り上げてくれやすいのかということを考えることも大事であり、そこに特化した形でプレスリリースを考えるのも1つのやり方です。