企業が消費者に伝えたい情報の多くは、記者が書いた文章によって伝えられます。そして記者はプレスリリースを参考にして記事を書くことになります。そのためプレスリリースを書く人の責任は重要です。プレスリリースのクオリティが悪ければ、その後に記者が書く記事のクオリティも必然的に悪くなってしまうからです。

いくら熟練の記者であっても、ソースの情報が良くなければ読者に関心を持たせる記事を書くのは困難です。しかしクオリティといっても、何に気を付けると良いのか分からない人もいるでしょう。重要なのは、記者にプレスリリースの内容をしっかり理解してもらうことです。記者の中には専門知識を持っている人も多いですが、そうでない人も少なくありません。

まったく部外者にも理解できるようにすることが大切です。そのため言葉遣いはなるべく平易にするのが鉄則といえます。自覚のない専門用語に注意しなければなりません。自社では当たり前の言葉であっても、部外者にとっては初耳の言葉は非常に多くあります。専門用語が多い文章は誤解を招きやすいので良くありません。リリースの前に業界外の人に一度見せるのが得策です。読みにくいと言われたら、時間がかかっても修正したほうが良いです。

また最も基本的なことですが、プレスリリースの内容に間違いがあってはいけません。何重にもチェックをしてからリリースしましょう。そのとき大切なのは客観的にチェックすることです。一般的に記者が記事を書くときは客観性を重視します。ブログなどの記事とは異なり、消費者に正確な情報を伝える必要があるからです。

そのためプレスリリースが主観で書かれたものだと、記者はどのように記事にすれば良いのか困ってしまいます。主観が強すぎると判断されると、プレスリリースに懐疑的になってしまうかもしれません。そうなると良い記事を書いてもらえないでしょう。客観的なフィルタを通すことを心がけることがポイントです。