プレスリリースを書くコツは、売り込み文書にならないようにすることが大事なポイントであり、ただの自社宣伝にしないようにすることが大切になります。なぜかといえば、売り込み文書は記者の元に毎日何100通も届くため、記者は売り込み文書は見飽きています。売り込み文書は見飽きてる記者に対して、いかに関心を持ってもらうかが、プレスリリースの書き方における重要なポイントになります。

それではどうすれば良いかといえば、プレスリリースを受け取る記者の関心は社会的意義にありますので、自社の新製品や新サービスの社会的貢献性をアピールすると、記者は関心を持ってくれるようになります。例えば、新製品を使用すると生活利便性が向上することや、社会に役立つことなどをアピールすると、記者の心証は良くなります。

また、プレスリリースを受け取る記者は忙しいため、難しい言葉を使って抽象的に書かれた文章だと、記者は途中で読むのをやめてしまいます。プレスリリースの記事を書く時には、多忙な記者の身になって、わかりやすい言葉で具体的に表現することが大切になります。読みやすい文章だと、最後まで読んでもらえる可能性が大きく高まります。

プレスリリースを書く際には、新製品や新サービスのアピールポイントを絞り込むことも大事になってきます。セールスポイントが多過ぎると、記事を読んでいる記者は頭が混乱してしまいますので、アピールポイントを2つか3つ程度に絞り込み、それを徹底的に訴えるようにすることがポイントです。

最後に、プレスリリースで最も重要なのがタイトルです。タイトルは適当につけるのではなく、記者が本文を読んでみたくなるようなタイトルにすることが大事になります。いかに本文の内容が優れていても、ありきたりのタイトルだと記者は本文を読んでくれません。よって、タイトルの考案は本文を作成する時と同等の時間をかけて、じっくりと考えるようにします。タイトルは専門用語を使わずに、誰でもわかる簡単な言葉を使用することも大事なポイントになります。