中小企業やフリーランスであっても、プレスリリースの書き方や発表の仕方によって、大きなマーケティング効果を得られる可能性があります。大企業であれば、テレビコマーシャル、雑誌掲載広告、ラジオ宣伝など、巨額のマーケティング予算を使って、提供する商品やサービスについて、さまざまな訴求戦略を立てることができます。

しかし、大きな予算を準備できない中小企業やフリーランスの場合、限られた資金の中で有効な広告、宣伝を打ち出していかなければなりません。有効なマーケティング手法の一つとして、アンケート付きのプレスリリースがあります。

最近は、安価でアンケートを取る方法があり、独自アンケートを取得することが、インターネットを用いてエビデンス付きでできるようになっています。

インターネット・ニュースなどを見ていると、「△△社調査」という調査会社のエビデンスがついているものを、目にすることがあります。アンケート付きのプレスリリースを利用することで、マスコミに対して定期的な情報を発信することができます。

大企業の場合、新卒入社や人事異動などの時期が重なる場合が多く、新しいサービスやイベントなども、一定の期間で連続されて行われるケースが増えています。プレスリリースなどが発表されるタイミングも、時期が似通っている傾向にあり、逆に考えると、他の時期はあまりプレスリリースがなく、ニュースも少ないと言えます。

大企業などが新商品やサービスなどを発表しないタイミングを狙って、アンケート付きのプレスリリースを使えば、ニュースを求めているマスコミが、記事として取り上げてくれる可能性が高くなります。調査会社のエビデンスがあるアンケート付きのプレスリリースは、裏が取れているニュースでもあり、マスコミが好んで使ってくれる傾向があります。

中小企業やフリーランスであっても、アンケート付きのプレスリリースを使うことで、訴求力を持った宣伝、広告を行うことができるようになっています。