ママズ・ビジネス・コラム

フリーランスママこそ、月の目標額を考えて商品単価を設定すべき理由とは?

子供がある程度大きくなって時間に余裕ができた人が、趣味や特技などを生かしてフリーランスとして働き始めるケースが増えています。しかし、配偶者の扶養親族となっている人の中には「扶養の範囲を出て良い金額とは?」と疑問に思う人もいるように、どれだけ稼いで良いのかをしっかり把握していないと税金等で損をしてしまうケースもあります。

まず、税金の扶養親族の範囲は所得38万円以下です。パートなどの給与所得者であれば収入額から給与所得控除額を差し引けますので、月に8.5万円以下であれば扶養親族となりますが、フリーランスの場合は収入から経費を差し引いた利益(正確には所得)が年38万円を超えると扶養親族から外れてしまいますので、一月の利益が3万円を超えると扶養親族となる事は難しくなります。

次に扶養から外れて稼ぐ場合は、社会保険の扶養も合わせて考慮する必要があります。この場合、配偶者の扶養から外れた事で配偶者の税金が増加し、フリーランスに係る税金の負担が生じる上、年130万円を超える場合は国民年金や国民健康保険に加入しなければいけません。その為、税金と社会保険の増加分を補えるだけの収入(約150万円以上)が無ければ働いても損をしてしまう可能性が高いです。

そうした事態を避ける為には、しっかりと目標額を決めておく事が大切です。その為、月15万円以上を稼ぐには単価が3,000円だといくつ売れば?3万円ならいくつ売れば?と予め計算しておくと、それに合わせた仕入れや経費の支出が可能となりますし、リアリティのある単価を設定する事もできます。

例えば、単価1万円なら月に15件、2日に1件のペースで売上を確保しなければいけませんし、3,000円なら月に50件なので2日で3件以上となる為、納品作業(仕入や製作)のペースが苦しくないか、休日は確保できるか、なども考慮する必要があります。もし、そうした内容を安易に考えてしまうと、金額的な損失はもちろん、精神的にも疲れてしまい、家庭にも影響を及ぼす可能性も考えられます。

その為、フリーランスを始める際には、事前に十分な検討をする事が大切です。