ママズ・ビジネス・コラム

フリーランスママが知っておきたい「買ってくれれば誰でも良い」でなく真に探すべきは理想のお客様ということ

商売を始めるという時に、買ってくれるのなら誰でもいいやという考えでスタートしてしまい、後で苦労する人が結構います。買ってくれれば誰でもいいという考えは、売れれば何でもいいという考えにも通ずるものがあり、客に買わせれば勝ちなんだという感覚になりがちです。

こうなると、うまくいく時期はあるにしても長続きはせず、長い目で見たら苦戦を強いられることになってしまいます。そのため、買ってくれるのであれば誰でもいいとは思わず、その商品、サービスを心から必要としてくれるお客さんを探すことが求められます。

同じ商品でも価値は人それぞれであり、例えば、おにぎり1つをとっても、空腹を満たせればそれでいいとしか思わずに購入する人や手作りで作られたおにぎりじゃなきゃ食べたくないという人、はたまた、おにぎりを食べているときで人生で一番幸せと感じる人など、おにぎりだけで様々な反応があります。

500円のおにぎりというものが仮にあった場合、いいお米を使い、中に入っている具も素晴らしい素材であれば、おにぎりにこだわりを持っている人であれば確実に購入し、喜んで食べます。こうした人がモチベーションが上がる客の一例です。

安さだけで選ぶ客からすれば、素材はどうでもよく、賞味期限さえ守られていれば、値引きのシールが貼られているようなものを中心に買えばそれで十分という行動に走りがちです。これだとモチベーションはさほど上がりません。ただ、こうしたお客さんばかりになると、そちらに走ってしまい、質を高める方向に神経が向かなくなるのも事実です。買ってくれれば誰でもいいというスタンスはこうした傾向をアシストする形になってしまいます。

価格設定=顧客設定になりやすく、質を高めれば、お客さんはそれだけのものを求め、価値を見出します。おにぎりを例えにしましたが、サービスなどでも同じことです。目先の利益に走るのではなく、それを心から求めるお客さんに買ってもらうために努力することがフリーランスママに求められている着眼点です。