ママズ・ビジネス・コラム

フリーランスママが4つの罠に陥ることで起こる家族の不幸「①稼げてないイライラ」

フリーランスママは、仕事だけではなく家庭でも重要な役割を担っています。イクメンというコトバが育ってきては居ますが、まだまだ家庭では母がいなければ炊事はもちろん洗濯や掃除もままならず、母こそが一家を支えていると言えます。

そのため、前回紹介した、負のスパイラルに陥ると、家族が不幸になってしまう場合があることに注意しなければありません。家族を不幸にしてしまいかねない罠は稼げていないことに起因するもので、4つあります。

  1. 一生懸命やっても稼げない罠
  2. 時間を多く使っても稼げない罠
  3. 周りはうまくやっているのに自分だけがうまくいかない罠
  4. 理由の分からない八つ当たりをしてしまう罠

一生懸命やっても稼げない罠

フリーランスは仕事をやればやるだけ稼げるというものではなく、労働量に対して賃金が不当に安いことも珍しくありません。そうなると一生懸命仕事をしているのにその分の正当な収入を得られず、イライラが募ってしまうのです。

時間を多く使っても稼げない罠

クオリティを上げるために時間を割き、丁寧な仕事をしても稼げないことがあると使った時間が無駄になったという考えが浮かびイライラしてしまうのです。これは誰にでもあることですが、作業の効率化ができていない仕事を始めたばかりの時期に多いことです。

周りはうまくやっているのに自分だけがうまくいかない罠

実は、周りも一緒なことが多いのですが、ついつい周りはうまくやっているのに自分だけがうまくいかないという思考をしてしまうと、さらなる悪循環になります。自分では最善を尽くしているつもりが周囲に比べると稼げておらず、自分だけがうまくいかないことにいらだちを覚えます。他人と比較する必要は無く、じっくりと取り組むことで冷静さを取り戻しましょう。

理由の分からない八つ当たりをしてしまう罠

理由の分からない八つ当たりに家族が恐怖を覚えることもあります。なぜ母がイライラしているのかが分からない状態で八つ当たりされることがあると、母への信頼も揺らいでしまいます。

一家の母がイライラしていると、その空気が家族にも伝わり家庭内の雰囲気が悪くなります。子どもは自己主張することが出来なくなり、夫は仕事に逃げて家庭から遠ざかるようになるのです。すると家族の絆が薄れ、不幸が訪れます。そうならないためにも、フリーランスママは仕事と家庭を分けて考えることが必要なのです。