メディア露出/プレスリリース

10年間、主婦ママの10時~16時就職を支援してきたインブルームの悲願。「就業決定=保育開始」にできる環境を2018年4月に川崎市で実現します。

10年間、主婦ママの10時~16時就職を支援してきたインブルームの悲願。「就業決定=保育開始」にできる環境を2018年4月に川崎市で実現します。

インブルーム株式会社

インブルーム株式会社(東京都港区・代表取締役社長 野村洋子)は、結婚・出産で退職した主婦ママたちへ、主婦のキャリアを生かして子育てとの両立ができるお仕事をご紹介してきた会社です。当事業を初めて12年目となる2018年4月、「どんなに良い働き先が見つかっても、保育園に受かるかどうかの自信がない」という不安を抱く主婦ママのため、内閣府が主導する、企業主導型保育事業の仕組みを活用し、就業が決まりさえすれば同時に保育園も決定できる主婦・ママのための保育園を神奈川県川崎市に開園します。

 

求職者・求人案件募集中→http://in-bloom.co.jp/

インブルーム株式会社は、10時~16時で週3日という、主婦ママにとって理想的な就業時間帯に特化して10年以上もの期間、就職を支援してきた人材派遣会社です。創業当初は企業のニーズを引き出すことがムズカシイ事業でしたが、今では、就業実績企業は200社を越え、4,500人の主婦ママが登録いただいています。しかし、この時間帯の就業の場合、認可保育園の基準に入ることが難しく、職場と求職者のマッチングはできても、保育環境を確立することができないミスマッチを招くことも多くありました。内閣府主導の企業主導型保育園は、まさにこのポイントへの解決手段となります。

 

さらに、当社では病児保育も受け入れる体制を確立。どうしても外せない業務上の都合でも、親子にとって初めて行く病児保育環境では不安なもの。しかし、いつも通っている保育園の中で過ごせれば不安を軽減することができます。実は、弊社で行ったアンケートでは、「子どもの発熱時は有給休暇を活用したい」という意見のため、病児保育へのニーズはさほど高くはありませんでした。しかし、仕事の状況により、“万が一”は発生するもの。その時でも安心して預けられる環境を作りたい想いで実現に踏み切ります。そして保育園の2階には、発達障害児向けのデイサービスと主婦ママフリーランスのためのシェアオフィスも併設予定。主婦ママが仕事をする環境を整備してまいります。

有効求人倍率が過去最高を更新し、求人難と言われる昨今。企業の皆様には、これからの活躍が期待できる新たな戦力として、「働きたいけど働けると思っていなかった」優秀な30~40代の女性をマッチングできるチャンスとなります。特に、社員を雇うほどではなくとも、「週に数日だけ」「月末だけ経理に来て欲しい」「数時間電話応対をしてほしい」などのニーズがある企業には、扶養内勤務で働く傾向が高いため、コスト的にもマッチングしやすいです。

「保育園付き」という名目で求人ができるチャンス。しかも、「病児保育付き」となれば大きなアドバンテージ。主婦ママの安心感も増して、他社との差別化をしながら求人を出せますので、主婦ママ人材に興味のある企業様からのお問い合わせをお待ちしています。

内閣府 企業主導型保育園 えみのき保育園
  • 神奈川県川崎市多摩区西生田2-1-6
  • 以下はすべて予定となります。
  • 定員:30名
  • 保育時間:7:30~20:00
  • 月極保育料:3万円台

【このリリースに関するお問い合わせ】

【インブルーム株式会社概要】

仕事を通して女性に輝いてもらおう、子育てなどで一旦、職場を離れてしまったけれど、「もう一度働きたい!」と希望するママ達の、仕事復帰を可能とし、「さらに輝いてもらいたい!」という思いで、2006年8月に設立した会社です。

創業当初は、企業にとって、“主婦ママと仕事“は結び付かないことが多く、「主婦に何ができるの?」「小さいお子さんがいる方は、すぐ休むでしょう?」と厳しい声もたくさんいただきました。
しかし、継続は力なりの気持ちで、コツコツと活動を続けていると、環境が少しずつ変化し、ママ達の能力が評価され、必要とされるようになりました。ニーズは必ずあるもので、2014年10月28日には、「今こそ、”主婦力”で売る!」という特集でテレビ東京の『ガイアの夜明け』への出演http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20141028.html)も果たすなど多くの方の支えを受けながら、今では、就業実績企業は200社を越え、4,500人の主婦ママに登録者をいただいています。
インブルームにとって、残る課題は、子どもたちを預かる施設が不足していることです。創業間もない頃から、働くママ達が安心して子どもを預ける場所を作りたいという想いを抱き続け、さらに、預ける場所と働く場所が同じ施設内であれば、働きやすく最高です。まさしく、そんな施設を実現します。