プレスリリース・コラム

【プレスリリースを読む記者の気持ちを考えよう】あなたの業界の常識は一般では非常識かも?!

プレスリリースとは企業などがマスコミや報道機関に向けて告知をする広報手段のことで、たとえば新商品を開発して販売を始めるときなどに媒体に伝えるためにマスコミなどに知らせることです。プレスリリースをマスコミや報道機関に贈ることで取材を受けたりして記事にしてもらうことができれば、一般的な広告やチラシよりも注目度が集まり信頼ども高まります。

このようなプレスリリースは一日に何百枚も届き、その中から記者の目に留まったものが選ばれることになるのですが、記者も忙しく、難しいものや抽象的なもの、セールスポイントが多すぎるものなどは読みづらかったり興味をひかれることなく終わってしまうものもたくさんあります。

そんな中でどのような内容のプレスリリースを送ると記者の目に留まってもらえることができるのでしょうか。読み手となる記者の気持ちになってみると、企業や商品のアピールばかりしているものよりもその商品や起業を使うことで社会にどれだけ貢献することができるのか、それを使うことでできるだけ多くの人にメリットがあるのかなどということが記されているほうが読みやすいといえます。

また、一見一般には非常識ととられるようなことも知らないと思って書いておくと興味を持たれる可能性があります。業界標準を外すから新しいという印象を持たれるのです。業界においては実績や経験から培われた業界標準があります。でも業界標準は知られてないものなので一般の人たちが興味をそそられ社会的意義があるものを記事にするので、専門用語で並べられたような文章ではなく、読みやすく、わかりやすく、その業界の熱意が伝わるようなプレリリースを書くことが記者の目にも留まりやすくなります。

特にタイトルからして専門用語で固められていると、内容を読む気にもならないということもあります。せっかく内容はわかりやすく面白くしていても、何がユニークなのか理解されないまま終わってしまうこともあるので、タイトルは特にわかりやすくすることが大切です。

自分でつくるかプロに頼むか、セミプロに頼むかの見極め。『WordPressサイトを一度作ってみよう』体験セミナー



ホームページが作りたくて、
自分でやれることは試しにやってみたいあなたへ。


まずは自分でやれるようになっていただきたいことと、
たとえ自力は断念しても、
業者泣かせの発注者にならないためのお役立ちセミナー。




日程確認&お申込み