プレスリリース・コラム

プレスリリースの活用:ネットでの良好な第0印象をプレスリリースで構築

第0印象とは、会う前からの印象を表します。いわゆるそれまで自分が抱いているイメージというものであり、商品に触れる前から企業に対しどのような印象を持っていたかという部分でもあります。こうした第0印象はインターネットで構成されることが多く、些細な情報だけで実態とは全く異なる印象が作られていくこともあります。このため、こうした第0印象をプレスリリースで構築していくことにより、いい印象を最初から持たせるということができるようになります。

そもそも企業や商品に関する情報を顧客は必ず検索している状況であり、その中で第0印象が築かれていきます。そうした場合、有名メディア掲載は有利に働き、印象をアップさせるだけでなく、信頼度アップにもつながります。有名メディアに取り上げられたということはそれだけのレベルにあると顧客側、消費者側が認識してくれるためです。裏を返せば、ネットに情報がないのはマイナスです。悪評ばかり立つことがマイナスにつながると思いがちですが、何も情報がないのもまたマイナスとなってしまいます。

プレスリリースでは信頼度アップにつながるような発信をしていく必要があります。この商品、サービスがいかにすごいのかを過去と対比させてみて強調させるということも1つのやり方です。自分たちがどう感じているかというよりも、実際にこれを掲載するメディア、そして、プレスリリースを読む消費者側がどのように感じるかもプレスリリースを考える上では大事になります。

会社にとっては大したことではないと思っていることを、メディアなどは素晴らしいことだと捉え、その部分を強調して記事にすることもあります。結果として会社の意に沿わない形で世に伝わるということも十分にあります。プレスリリースを出す前に客観的な視点から、新商品の強みや会社の個性などを今一度見直し、どの部分に消費者が食いつくのかをリサーチしてから出していくことが求められます。

誰でも送れる!売上につなげやすい『プレスリリース』の書くコツを学んじゃおうセミナー【知識編】



今すぐでなくても、ココゾという時の一手に最適!

実は誰でも送れちゃうマスコミへのお手紙。


プレスリリース発行サービスを中心に、

広報宣伝部のアウトソースを提案している

合同会社ユアブランディングが、

自信を持って【返金保証付き】でご提案する、

フリーランス&経営者向け講座!


日程確認&お申込み