プレスリリース・コラム

地元の業界メディアを探せ!意外と掲載される確率が高いプレスリリースの送り先とは?

インターネットでの拡散を考えると、WEBメディアに取り上げられることが大事であることは間違いありませんが、そうした展開をしているのは地元に根差した情報を提供する、いわゆる地元の業界メディアでも同じことです。みんなの経済新聞ネットワークがその代表例です。みんなの経済新聞ネットワークは広告制作会社と連携し、各地で経済新聞を立ち上げ、運用していくというものであり、各地の経済新聞で書かれたものが大手のインターネットメディアに掲載されることから、決して無視はできない存在となっています。現在全国に100以上の経済新聞があるため、誰か1つに引っ掛かれば、掲載されることになります。

地元企業の動きに関して敏感なのはケーブルテレビ局や地域情報誌でも同じことです。ケーブルテレビ局の場合、番組ごとに窓口がある場合もあることから、そこに話をもちかけて、取材をしてもらうというのも1つです。地域情報誌はフリーペーパーとして周辺の世帯に無料配布されることがあります。ここに掲載されることにより、それを見た人が話題にしてくれたり、実際に商品を購入してくれたりしてくれます。ある程度実績を積むような状態となれば、役所の広報誌もおすすめです。元気な地元企業を応援すると銘打ち、企業の紹介をしてくれることもあるためです。

地域に根差したメディアに掲載されるためには、その地域で活動していること、親しみやすい商売をしていること、勢いがあること、いずれかの要素を持っていることが大切です。こうしたメディアを見てくれる人は地域に対する思い入れのある人であり、面白い情報であれば確実に周辺の人に伝えてくれます。そのため、これらの要素があることがいわば絶対条件です。また、みんなの経済新聞ネットワークのように大手インターネットメディアに掲載してくれる場合には、そこでの宣伝効果、アクセス数の上昇も見込めるため、地域に根差したメディアにプレスリリースを送るのは必須と言えます。

誰でも送れる!売上につなげやすい『プレスリリース』の書くコツを学んじゃおうセミナー【知識編】



今すぐでなくても、ココゾという時の一手に最適!

実は誰でも送れちゃうマスコミへのお手紙。


プレスリリース発行サービスを中心に、

広報宣伝部のアウトソースを提案している

合同会社ユアブランディングが、

自信を持って【返金保証付き】でご提案する、

フリーランス&経営者向け講座!


日程確認&お申込み