プレスリリース・コラム

プレスリリースだけじゃない!記者がネタを探すために何を見ているかも考えてみよう。

世間に向けて情報を配信したいなら、マスメディアを活用するのが一番です。テレビや雑誌や新聞、そして業界紙等、こういったメディアに自社の物やサービス、そして活動や企業理念を取り上げてもらえば良いPRとなります。

ただ既に多くの企業は日常的な広報活動として、プレスリリースをしている可能性が高いでしょう。マスメディアの方には連日、数多の企業と自治体、組織がプレスリリースを届けているため、受け取る記者の方が全てに対応出来ていません。既存のプレスリリースの方法だけに頼った方法では、効率の良い広報活動が出来ませんので、現状の環境に合致したやり方に転換してみましょう。

最近の記者が、いわゆるテレビや雑誌のネタを探す時によく参考にしているのが、ネットのSNSやブログです。インターネットは最大の情報源であり、玉石混交に届けられる既存のプレスリリースよりも、新鮮なネタが目立つSNSやブログの方を、主体的にネタ元として採用し始めています。昨今、大手企業が挙ってSNSやブログを開設しています。そして、大手企業の公式広報とは思えない程、砕けた宣伝メッセージやユーモラスな広報活動をネットで開始しています。

そういった一見奇抜とも見える広報戦略が、実はマスコミの記者の方々には新鮮に映ります。事実として、そういった型破りな宣伝をする企業のSNS等がテレビや新聞に挙って取り上げられています。どんなメディアでも掲載されとく事は企業としての強みです。

SNSやブログでの一風変わったカジュアル過ぎる広報活動はコアなネットユーザー向けに行っている、と思われがちです。しかし、いわゆる緩いネタを探しているテレビマンや新聞記者の目に留まりやすく、色々なメディアへと伝播しやすいため、実は巡り巡って老若男女へと企業の伝えたいメッセージが伝わります。まだまだ高齢層にとっては新聞も情報源であり、新聞記事として掲載される事には大きなアドバンテージがあります。

ただ公式SNSで緩い投稿をするのは効果的ですが、信憑性のない情報は不可であり、エイプリルフールネタのような広報メッセージばかりを投稿すれば、返って記者からの信頼を失います。

誰でも送れる!売上につなげやすい『プレスリリース』の書くコツを学んじゃおうセミナー【知識編】



今すぐでなくても、ココゾという時の一手に最適!

実は誰でも送れちゃうマスコミへのお手紙。


プレスリリース発行サービスを中心に、

広報宣伝部のアウトソースを提案している

合同会社ユアブランディングが、

自信を持って【返金保証付き】でご提案する、

フリーランス&経営者向け講座!


日程確認&お申込み