プレスリリース・コラム

知り合いもいないのにプレスリリースを記者に直接送るための方法とは?

会社の情報を提供する手段としてプレスリリースという言葉が使われていますが、広く世間に知ってもらうためには新聞社やテレビ局など、マスコミの記者にプレスリリースをするのが有効です。大手企業であれば記者から取材を求められることが少なくないですが、知名度的に低い企業の場合、自分たちから記者にアピールする必要があります。

マスコミの記者に送る方法は割と簡単で、郵送を利用するだけです。メールは避けましょう。迷惑メールとして処理されてしまう恐れがあるため、手にとってもらいやすい郵送が適しています。

送り先は広報・マスコミハンドブックPR手帳という書籍を入手するだけで、簡単に調べられます。最新版をネット通販でも購入できるようになっています。

しかし、広報・マスコミハンドブックPR手帳には大手のマスコミしか掲載されておらず、地方のマスコミにプレスリリースを送るには情報が足りません。地方のマスコミの記者に直接送るのであれば、WEBサイトで窓口を探る方法を試すようにします。大手の新聞社やテレビ局には、地方にある支社や支局の情報が掲載されているケースがよくあります。iタウンページで調べる方法も有効です。市区町村の図書館に置いてある、新聞紙で調べることもできます。地方のマスコミの連絡先が掲載されていますので、取材に関する担当者名をTELで聴くと良いでしょう。

送付先住所や担当者名を入手したなら、封筒を作成します。宛名面のコツとして、御中でなく記者名で送るようにします。御中は個人ではなく、新聞社名やテレビ局名といった企業や団体の後に付ける敬称ですので、これでは記者に直接読んでもらうきっかけが減ってしまいがちです。担当者名まで記述して、敬称は様を使ってください。担当者名が分からなければ部署を指定すれば、担当者に内容を読んでもらえる確率を高めることができます。テレビ局の場合だと、番組名で送るのも有効です。

これらの方法を駆使すれば、忙しい記者であっても直接プレスリリースを知ってもらえる確率が高まります。

誰でも送れる!売上につなげやすい『プレスリリース』の書くコツを学んじゃおうセミナー【知識編】



今すぐでなくても、ココゾという時の一手に最適!

実は誰でも送れちゃうマスコミへのお手紙。


プレスリリース発行サービスを中心に、

広報宣伝部のアウトソースを提案している

合同会社ユアブランディングが、

自信を持って【返金保証付き】でご提案する、

フリーランス&経営者向け講座!


日程確認&お申込み