プレスリリース・コラム

プレスリリースの活用:うまく行って掲載された後が重要。骨までしゃぶり尽くすメディア戦略とは?

プレスリリースを多くの企業が出す関係で、当然ながらそれの採用率というのは低くなってしまうのが実情であり、何かしらの縁があって掲載されたとなれば、それはかなりの幸運です。しかし、それを幸運として受け止めるのではなく、掲載された後の動きが非常に重要であり、今後の採用率を大きく左右することにもなります。掲載結果の二次利用がどのようになされたかということもチェックをしなければならず、掲載された後のことを注視することがとても大切です。

掲載され、その反響が良ければ、メディアとしてもまた取り上げようという気になります。そのため、掲載された段階で記者へのお礼状、誰が書いたかわからない場合は編集担当の部署にお礼状を送ることにより、関係性を持たせることができるようになります。記者が分かれば、次回は直接記者へ送れるため、どの記者が書いたかわからない場合は直接お礼が言いたいなどと言って、記者を教えてもらうというのがおすすめです。場合によっては、記者を会社に招き、取材をしてもらうというのも1つのやり方です。掲載されたことで満足してしまうとここまでの段階には行きにくいのが実情です。

掲載結果が次の掲載を生むのは明らかであり、そこでの反応が悪ければ、次はないということを覚悟してプレスリリースを出す必要があります。そのため、どのようなプレスリリースが評判がいいのかを他社のプレスリリースを読んでみて分析することもしなければなりません。その傾向さえつかめば、反響の高いプレスリリースにさせていくこともでき、記者の信頼をつかめば、そこの会社のプレスリリースは確実に掲載するということにもなります。

闇雲にプレスリリースを発行するだけでなく、その分析を同時に行い、どういうものが掲載されやすいのかを記者に聞いてみるなどのことをして、そのメディアだけでなく、別のメディアにも取り上げられるような施策をやっていくことが大事です。

誰でも送れる!売上につなげやすい『プレスリリース』の書くコツを学んじゃおうセミナー【知識編】



今すぐでなくても、ココゾという時の一手に最適!

実は誰でも送れちゃうマスコミへのお手紙。


プレスリリース発行サービスを中心に、

広報宣伝部のアウトソースを提案している

合同会社ユアブランディングが、

自信を持って【返金保証付き】でご提案する、

フリーランス&経営者向け講座!


日程確認&お申込み