プレスリリース・コラム

プレスリリースの活用:マスコミに手紙を書くと取材に来てくれるって本当なの?はい。それがプレスリリースです。

プレスリリースを知っていますか?

自分の会社を取り上げてもらうために、多くの企業や会社はマスコミに向けてプレスリリースをしています。大きな企業などに比べて、宣伝に使える費用が少ないフリーランスでも有効な手段としてプレスリリースがあります。

大企業に比べて知名度があまりない会社には、待っててもマスコミなどから取材されるような機会はほとんどありません。プレスリリースは、このようにあまり目立たない中小企業でも有効な手段になります。

嫌われるプレスリリースとは?

しかし、マスコミなどには、毎日のように多くの企業や会社などからたくさんのプレスリリースが届いています。そのため、全ての企業や会社などに対して取材をする事は不可能になり、プレスリリースをしてもほとんど取材が行われない可能性が高くなってしまいます。

また、マスコミなどの多くの取材担当者は高い志を持っている人が多く、自分が書く記事によって役に立つ事をしたいと考えています。企業やお店などからのプレスリリースは、自分の会社の宣伝や商品の宣伝などが中心になっているものが多く、積極的に取材をしたいと思えるようなものがほとんどありません。

プレスリリースはラブレターとも言われる手紙

プレスリリースとは、マスコミに対してA4サイズ1枚~3枚くらいの手紙を書いて送る事です。もらった手紙が自分の世界に入り込んで、自分のことだけを語るストーカー的な売り込みのチラシだったらあなたは読みますか?

つまり、プレスリリースでは、会社やお店の宣伝ばかりをするのではなく、マスコミなどの取材を担当している人に対して心を込めて伝えたい情報を書いて送れば読んでくれる確率が高まるのです。

プレスリリースにも思いやりが大切?

自社の宣伝をすることで間違っては居ないのですが、手持ちの情報だけを押し付けるのではなく、それを記事として掲載するか判断する側の記者が必要としている情報を届けてあげる思いやりが大切です。

しっかりと記者の気持ちがわかっている(ようにみえる)プレスリリースを送れば、取材に来てくれる確率は飛躍的に高まります。告白しなければ伝わらないのと同様、マスコミからの取材は待っているだけでは来ませんので、記者の気持ちに配慮しながら、正しい手順と内容を手紙にして送るプレスリリースという手段は重要です。

誰でも送れる!売上につなげやすい『プレスリリース』の書くコツを学んじゃおうセミナー【知識編】



今すぐでなくても、ココゾという時の一手に最適!

実は誰でも送れちゃうマスコミへのお手紙。


プレスリリース発行サービスを中心に、

広報宣伝部のアウトソースを提案している

合同会社ユアブランディングが、

自信を持って【返金保証付き】でご提案する、

フリーランス&経営者向け講座!


日程確認&お申込み