プレスリリース・コラム

プレスリリースの書き方:実は記者に届いたプレスリリースの約8割はゴミ箱行きって本当なの?どうすれば予防できる?

多くの企業は、プレスリリースをホームページに掲載するだけではなく、メディアに取り上げてもらうために、報道各社にメールやファックスなどを使って、マスメディアの記者に送付します。中小企業や個人事業主の場合、商工会議所などの記者クラブに常駐している記者に対して、プレスリリースを持ち込んで内容をプレゼンテーションを行う場合もあります。

しかし、記者に届いた企業からのプレスリリースのおよそ80パーセントは、取り上げられることなくゴミ箱に行くと言われています。記者は忙しいため、一日何100通も届くプレスリリースは、ある意味捨てるのも仕事であり、報道価値が低いものは取り上げてもらえないのは無理もありません。

そんな中、書き方を工夫することで、プレスリリースをマスメディアで取り上げてもらえる可能性が上がります。特にタイトルが、重要なポイントになります。最近は、テレビやラジオなどではなく、インターネットでニュースを見る人が多くなっているため、短くて分かりやすいタイトルがついているプレスリリースは、読者に読んでもらえる可能性がそれだけで高くなります。

また、商工会議所の記者クラブなどにプレスリリースを持ち込む場合にも、いくつか工夫を行うことによって、ごみ箱行きになることを防ぎ、記者の関心を引き付けられる可能性を上げることができます。

書き方を工夫したり、タイトルに気を付けるのは前述の通りですが、紙の資料を持ち込む場合、自社の封筒に必要資料を入れて、記者一人ひとりに手渡すことがポイントになります。自社封筒に入った報道発表資料を、「プレスキット」と言いますが、これを作成するだけで、資料の扱いが変わります。

記者は忙しく、何100通もの報道発表資料を各社から受け取っています。プレスキットを準備するだけで、それを自社に持ち帰って、机に置いておく可能性があり、それだけでその記者の上司や同僚の目に触れる可能性が高くなるわけです。

誰でも送れる!売上につなげやすい『プレスリリース』の書くコツを学んじゃおうセミナー【知識編】



今すぐでなくても、ココゾという時の一手に最適!

実は誰でも送れちゃうマスコミへのお手紙。


プレスリリース発行サービスを中心に、

広報宣伝部のアウトソースを提案している

合同会社ユアブランディングが、

自信を持って【返金保証付き】でご提案する、

フリーランス&経営者向け講座!


日程確認&お申込み